生活

【美容・認知症対策にも】デトックス効果があるとされる食材10選!

生活

どうも、まっさんです。

デトックスって流行ってるけど、デトックスにはどんな栄養素や食べ物がいいんだろう?

こんな悩みを解決します。

私たちの生活には毒素がありふれている

毒素というと皆さん何を想像しますか?

体の中に溜まった悪いものをイメージしますよね。

例えば、

  • 体内に溜まる毒素は食品に含まれる添加物
    (保存料、人工甘味料、着色料、乳化剤、残留農薬など)
  • 水道水に含まれる鉛
  • 空気中や雨に含まれる大気汚染物質、車の排気ガス
  • 紫外線
  • タバコの煙

上記のように口から摂取するものや空気中に漂っているものなど数多くにわたります。

体内に溜まった毒素を放っておくと、さまざまな不調が現れます。

腸内環境が乱れることで便秘になりやすくなったり、代謝が落ちてしまうことで風邪をひきやすくなる、むくみや冷え性、シミや肌荒れなどの肌トラブルが起こりやすくなるなどの不調に繋がります。

結果的に免疫力低下や生活習慣病にかかるリスクが増え、認知症にかかる可能性も増えてしまいます。

さて、そんな毒素を排出(デトックス)してくれる効果があるとされる食材をご紹介します。

【美容・認知症対策にも】デトックス効果があるとされる食材10選!

デトックス効果のある食材10選は以下になります。

  1. にんにく
  2. 生姜
  3. 海藻
  4. パクチー
  5. アーティーチョーク
  6. ピーツ
  7. オリーブオイル
  8. レモン・グレープフルーツ
  9. アボカド
  10. アブラナ科

それぞれ解説します。

1.にんにく

ニンニクは白血球を増加させるアリシンという成分を含んでおり、抗ウイルス性や抗菌性の高い天然の解毒食材ともいえます。

また、にんにくには解毒作用の他にも嬉しい効果があります。

嬉しい効果
  • 体力増強・疲労回復
  • 冷え性の改善
  • ガン予防
  • 免疫力アップ
  • アンチエイジング
  • 美肌効果

上記のような効果があるとされています。

マッサンの嬉しい表情

まっさん

解毒作用の他にもこんなに多くの効果が期待できるんだね!

2.生姜

生姜の有効成分は、ジンゲロール、ショウガオールなどの辛味成分です。


血流を促進し体を温め冷え性の改善、発汗、利尿を促しデトックス効果があるとされています。

また、美肌効果も期待できます。

生姜は生での摂取と加熱での摂取とでは効果に違いがあります。

加熱調理では、鍋やスープに足して摂取することで体を温める効果がアップするとされます。

生の生姜にはジンゲロールという物質が含まれており抗酸化作用があります。

しかし、酸素に触れることで効果が低下しますので、食前にすりおろして摂取するなどの工夫が必要です。

デトックス効果や体を温める効果を高めたいのであれば加熱、アンチエイジングや美肌効果を得たいのであれば、生での摂取が効果的です。

マッサンの嬉しい表情

まっさん

大型魚類などには食物連鎖の過程で有機水銀が体内に蓄積されてて、人も水銀に汚染した魚を食べた後は同じように体内に蓄積されるみたい。
よくお寿司屋さんに置いてある「ガリ」はそんな有機物質をデトックスする効果があるよ!

3.海藻

海藻類はアガロースとアガロペクチンという水溶性食物繊維を多く含んでいます。

腸内の毒素を吸着して便と一緒に排出する効果もあるとされています。

粘性や吸着性が高いため胃の中の食物の排出速度を遅くし、満腹感を持続させる効果も期待できます。

スープの具材や炊き込みご飯などで手軽に摂取することができます。

マッサンの嬉しい表情

まっさん

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の理想は1:2と言われているよ!
不水溶性食物は穀類、豆類、根菜類、きのこ類、こんにゃくなどに含まれるみたいだね。

4.パクチー

パクチーにもデトックス効果があるとされます。

パクチーにはビタミンA(抗酸化)、ビタミンB1(疲労回復)、ビタミンB2(皮膚や粘膜の修復)、ビタミンC、ビタミンEの豊富なビタミンやマグネシウム、カルシウム、カリウム、リン、鉄などのミネラルなども含まれてます。

また、キレート作用(キレート効果)という効果があります。

キレート作用とは、吸収されにくい成分を吸収しやすい形に変えたり、体内の水銀や鉛などの有害物質を排出しやすい形に変えて排出したりする働きのことをいいます。


パクチーはキレート作用による高いデトックス効果があり、身体に溜まった有害物質や老廃物の排出を大きく助け、美容への効果も大きいとされます。

マッサンの嬉しい表情

まっさん

一時期はパクチーブームなんてあったみたいだけど、パクチーにもすごい効果があるんだね!

5.アーティチョーク

あまり聞きなれない食材ですが、デトックス効果があるとされます。

フランスやイタリアでよく使用している野菜です。

冬から春にかけて店先に並び、生のまま刻んでサラダに加えたり、煮る、焼く、揚げる等、さまざまなレシピがあります。

食物繊維やカリウムなど、デトックス作用のある栄養素が多く含まれています。

また、肝臓の働きを助けてくれるので、お酒を飲むことが多い方にもオススメです。

マッサンの嬉しい表情

まっさん

最近の女性は「美活女子」とも呼ばれている人が増えているらしいよ〜。
スーパーフードであるアーティチョークをティーにして飲んでる人もいるみたいだね!

6.ピーツ

カリウムやマグネシウム、鉄など多くの栄養素が含まれていて、ビタミンB群の一種である葉酸が特に豊富です。

こんな効果も
  • むくみ解消
  • 高血圧予防
  • 動脈硬化の予防
  • 抗酸化作用
  • 腸内環境を整える
  • 肝機能を高める

上記のような効果もあるとされてます。

マッサンの嬉しい表情

まっさん

「食べる輸血」「奇跡の野菜」とも言われるほど栄養素が豊富な食材なんだって!

7.オリーブオイル

オリーブオイルの中でもエクストラバージンオイルが良いとされます。

腸内環境の改善・デトックスの効果が得られます。

腸内を刺激して蠕動運動を活発にしてくれるので、排便が促されるという効果があります。

こんな効果も
  • 抗酸化作用による生活習慣病の予防・アンチエイジング等
  • 動脈硬化の予防(コレステロール値を抑制)
  • 心筋梗塞や脳卒中の予防(血液をサラサラにしてくれる)
マッサンの嬉しい表情

まっさん

ちなみエクストラバージンオイルは「ボトルは遮光性があるものを選ぶ(濃ゆい色の入れ物)」「酸度0.8%以下のもの」「生産地域や生産者名、収穫年月日、オーガニック認証がしてあるもの」「価格が高値である(良いものは手間がかかるので希少)」を参考に購入すると良いよ!

8.レモン・グレープフルーツ

レモンといえば、酸っぱさや爽やかさが特徴的ですね。

日本や海外ではレモンデトックスウォーターなどが流行しています。

豊富なビタミンを含んでおりデトックス効果や美肌効果、便秘予防、コレステロール値を低下させるなどの効果があります。

注意点
  • レモンを摂取した後は、歯のエナメル質を溶かす成分が含まれているので摂取後すぐの歯磨きは避けましょう。およそ20分後がベスト
  • 柑橘類には「ソラレン」という物質が含まれており、この物質が肌への紫外線の吸収率を高めてしまいます。シミの原因となりますので日焼け止めを塗るなどのシミ対策が必要です。
マッサンの嬉しい表情

まっさん

せっかくの良い効果が、行動1つでかえって悪化させることになりかねないみたいだね・・気をつけよう!

9.アボカド

グルタチオン」が豊富です。

抗酸化作用のある成分と言うと、「ビタミンC」や「ポリフェノール」などが有名ですが、「グルタチオン」も注目されています。

グルタチオンは医薬品としても使用されている成分で、活性酸素を除去してシミやシワ、疲労の蓄積を防ぐだけでなく、肝臓の解毒機能を高めて、身体の中からデトックスをサポートする働きがあります。

そんなグルタチオンは、身近な食べ物のなかでアボカドに一番多く含まれています。

マッサンの嬉しい表情

まっさん

「森のバター」とも呼ばれてるみたいだね。
オススメの食べ方はかつお節、ゴマ、牛乳、チーズなどと一緒に摂取することで、デトックス効果が高まるみたいだよ!

10.アブラナ科の野菜

カブ、ダイコン、キャベツ類、ブロッコリー、カリフラワー、ケール、チンゲンサイ、ルッコラ、クレソンなど多くあります。

アブラナ科は独特のピリッとする「苦味」が特徴的です。

これが「イソチアシアネート」と呼ばれるイオウ化合物で非常に強い抗酸化、抗炎症作用を持っています。

国立がんセンターの調査発表では、がん、心疾患、脳血管疾患の死亡リスクが低下したとのデータもあるとのこと。

また、「イソチアシアネート」には肝臓で行われる毒素の無毒化を助ける働きがあるとされます。

マッサンの嬉しい表情

まっさん

アブラナ科にも豊富な種類の野菜があるんだね。
それぞれのデトックス効果も高いみたい!

デトックス効果のある食材を摂取し認知症の予防と健康的になろう

デトックス効果のある食材を摂取し認知症の対策や健康的な体へと変えていきましょう。

ただし、注意してほしい点があります。

これらの食材を一度に沢山摂取したからといってすぐに効果が出るものではないです。

摂取しすぎると、かえって不調に繋がりかねませんのでご注意ください。

何事もバランスの良い食事が大切です。

そのことを踏まえた上で、是非、日々の食生活の中にプラス一品で取り入れてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました